忍者ブログ
体の悩み
ADMIN | WRITE| RESPONSE
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


身長と言うのはそれほど問題視されないので、ただ高くなった低くなったという感じで受け取られますが、実際には低身長症という症状があるのも確かです。


低身長症は成長ホルモンの分泌が悪くなることから起こると言われ、成長ホルモンの減少の原因になっているのか、眠りも浅くなりがちとも言われています。


そういう症状がある子供には成長期の間にできるだけ成長ホルモンを投与するなどの治療が行われています。


それも成長が続く20歳あたりまでなので、期限がありますし、親が観察したり、身体検査定期検査のスタッフから助言を受けることもあるのだそうです。



低身長症の場合には男子だと150cm前後になることもあり、女子よりも身長が低いと言うコンプレックスが出てくるかもしれませんし、平均である170cmあたりまでは伸ばしてあげたい、伸びてほしいと願う親御さんは多い印象でした。




PR

モデルになりたいとか、スポーツ選手になりたいという思いから身長を高くしたい、伸ばしたいと言う方は多いですね。


ほとんどが遺伝子である程度は決まっていて、どういう遺伝子を受け継いだかとか、DNAがどうの染色体がどうのなど体の部分が大きいようですね。


その遺伝子を元にプラスマイナス5センチ程度の差が出てくるそうです。


兄弟であっても10cm以上身長差があるとか、一覧性双生児双子ならば大きくても3~5cmの範囲内で差がでるのがほとんどなどがあります。
 

身長をできるだけ伸ばすためには成長期が短くならないように肥満は避ける、栄養不足は避ける、適度に運動をするなどがあります。


低身長の場合には成長ホルモンを投与することもあるそうです。
 

なんだかんだで身長によって進む道も変わるとか、周囲の反応が変わってくるとか、やはり影響はあるものでしょうかね。
 

身長が高いほどリーダーシップを発揮しやすい、出世しやすい、給料が高い傾向にあるなどは言われているようですが。


低身長症の母親など両親は気になるとのことで、治療を受けさせているようでした。


低身長症も遺伝子や細胞やDNAや染色体などの関係から予測されるようですし、ある程度胎児の頃から決まっているものなのでしょうかね。


Powered by 忍者ブログ  Design by まめの
Copyright © [ 体の悩み ] All Rights Reserved.
http://dakarakarada.99ing.net/

カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新TB
プロフィール
HN:
No Name Ninja
性別:
非公開
バーコード
アクセス解析
最新CM
忍者ブログ | [PR]
ブログ内検索